ダイエット成功の条件は簡単安い楽しい継続!お気に入りのダイエット法を見つけて下さい!

自分に合った楽々健康ダイエット法!

最新情報

☆足痩せ&冷え解消?!足のアーチの崩れにバレリーナのエクササイズが効果!!

投稿日:2017年3月8日 更新日:


足のアーチってどこにあるの?

足の裏を触ってみると、指の付け根辺りに肉が盛り上がった場所がありますね。

なんとなく肉球っぽい?

親指の付け根の肉球っぽいところ(母趾球と言います)と

小指の付け根の肉球っぽいところ(子趾球)

カカトの3点を結んだラインが「足のアーチ」と呼ばれるものです。

上の図のカカトAから、母趾球Bまでを「内側の縦アーチ」

母趾球B~子趾球Cまでを「横アーチ」

C~Aまでを「外側の縦アーチ」と呼んでご説明します。

足のアーチには、大切な役割があります

これらのアーチは適度なカーブを描き、足の裏に程よい空間を作っています。

役割1 アーチのしなりがスプリングの役目を果たし、歩行や走行、ジャンプで着地した際の衝撃を和らげる。

役割2 アーチがしなることで足が適度に運動でき、血行を促進して冷えやむくみを防ぐ。

足が太くなる?!足のアーチが崩れると、こんな悪影響が

俗に言う偏平足は①の内側の縦アーチが崩れてしまった状態でむくみやすく、冷えやすくなります。

②の横アーチが崩れている場合は、指の下の部分の角質が硬くなっていたり、ヒールだこやウオノメ、外反母趾やハンマートゥ(足指がくの字に曲がってしまった状態)などのトラブルを引き起こします。

③の外側の縦アーチが崩れるとO脚になり、膝の痛みや腰痛にもつながります。

足裏の 内側の縦アーチが崩れると、足が太くなったり、
様々な悪循環が起こります。
早めに対処をしましょう♪
pic.twitter.com/7QcWRTzgO9

冷え性や足のむくみ、タコや魚の目に悩んでいる方

腰痛やひざ痛でお悩みの方

ダイエットしても筋トレしても足が細くならないとお悩みの方は、

もしかしたら足のアーチが崩れているのかも知れません。

足のアーチが崩れる主な原因4つ

・激しい運動のしすぎ
運動しないのも問題ですが、激しい運動をやり過ぎるのも、足のアーチが崩れる原因の一つと言われています。

・足に合わない靴を履く

ぶかぶか・パカパカの
緩い靴の恐怖知ってます
靴の中で足が滑る!魚の目タコ
足裏の筋力低下になる
脚のアーチ(土踏まず)が乱れる
膝にくる内臓不調に
外反母趾 О脚 肩こり 胃痛 便秘
など・・その他
美脚・美尻は?遠くへ・・・!

・加齢

加齢は誰しも避けようがありませんが、適度な運動や靴の選び方で対処していきましょう。

足のアーチの崩れを防ぐには、バレリーナのトレーニング法が効果的

バレエは優雅そうに見えて、実はかなりの筋力を必要とします。

ジャンプや回転で足にかかる衝撃を和らげるために

美しく足を伸ばすために

不安定な姿勢での頻繁な体重の移動にもよろけず、しっかり体を支えるために

バレリーナにとって足の筋肉のトレーニングは欠かすことのできないものなのです。

そしてバレリーナ達が行っている足のトレーニングの中には、足のアーチの崩れを防止する効果が高いエクササイズがいくつもあるのです!

簡単な動きですが、続けているとだんだん足の裏が疲れてきます。

効いている証拠です。

足の裏はしっかり床に着けたまま行いましょう。

始めは足の指ってなかなか動かせないかもしれません。

ですが毎日練習しているうちに、誰でもできるようになります。

「足首が太い」の悩みはタオルたぐり寄せエクササイズで解消! 足の裏のアーチがなくて脚首が太く見える人続出。床にフェイスタオルを置いて、タオルの端に足裏全体を乗せて、足指だけを使ってタオルの向こう側をたぐり寄せます。足裏のアーチを取り戻しましょう。テレビを見ながらでもOKですよ。

足の裏を壁に着けて、ゆっくり壁を押しています。

コツは、母趾球と子趾球、カカトの3点でしっかり壁を押すこと。

テニスボールやゴルフボール、スーパーボールなどを踏んで、コロコロ転がすのも効果的です。

足のだるさが取れて気持ちいいですよ。

足のアーチの崩れ対策に、運動以外でできること

 

-最新情報

Copyright© 自分に合った楽々健康ダイエット法! , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.