ダイエット成功の条件は簡単安い楽しい継続!お気に入りのダイエット法を見つけて下さい!

自分に合った楽々健康ダイエット法!

最新情報

あなたに合うダイエットは?【おすすめダイエットまとめ】

投稿日:


【有酸素運動とダイエットとの関係】

私達が普段「運動」と呼んでいるものは、実は「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があります。

無酸素運動は、酸素を使わないという意味ではなく、動きや負荷が強いため酸素を吸うことができない、息が切れるような運動を指します。

一方の有酸素運動は、酸素を体内に摂り込むことで脂肪燃焼が活発になり、血液の流れがよくなることで代謝もアップし、便秘やむくみなどの症状の改善が期待できます。

なお、運動の中には有酸素運動と無酸素運動の両方の特徴を持ち合せたものもありますし、無酸素運動がダイエットに全く使えないわけでもありません。

しかしながら、脂肪を燃やすというダイエットの主たる目的を考えるなら、やはり無酸素運動よりも有酸素運動の方が効果的と言えるでしょう。

脂肪燃焼させる効果的な方法は運動が一番です。トマトやスープなどでも脂肪燃焼効果が期待できますが、やはり心拍数を管理しながらの有酸素運動が効果的でしょう。脂肪燃焼のメカニズムと一緒にチェックしていきましょう。
脂肪燃焼させる方法には食事よりもやっぱり運動が効果的です。その中でも有酸素運動がもっともおすすめです。より効果を上げるには心拍数を管理しながら運動すると良いでしょう。脂肪を燃焼させるには筋トレよりも有酸素運動です。

ダイエットをして痩せるためにも一番大事になるのが脂肪燃焼をさせることです。
脂肪燃焼しなければ当然痩せてくれませんので、ダイエットで脂肪燃焼させることは一番必要な部分です。では脂肪燃焼させる方法どのような方法があるのでしょうか。
脂肪燃焼ができるとして一番知られている方法が有酸素運動です。

筋肉トレーニングなどが無酸素運動でウォーキングなど激しくない運動が有酸素運動です。
無酸素運動は筋肉のエネルギーを使い、有酸素運動は脂肪などのエネルギーを使用するため、一番脂肪燃焼しやすい方法です。
食事でも脂肪燃焼をしてくれるとしているのですが、しかし、これは脂肪燃焼の助けをしているだけです。脂肪燃焼をさせて今よりも痩せるとなると、今以上に燃焼が必要となりますので、一番は有酸素運動をしてさらに食事で燃焼を助けることがオススメです。

脂肪燃焼をさせるために運動をしているけれども、なかなか痩せてくれない人が多くいらっしゃいます。
確実に痩せていくためにも、まずは脂肪燃焼のメカニズムを知っておく必要があります。では脂肪燃焼のメカニズムはどのようになっているのでしょうか。
脂肪の燃焼をさせるために必要としているのが、血液中にあるエネルギーを不足させることです。
脂肪は消費しきれなかったカロリーなどのエネルギーを蓄えることで作られてしまいます。
贅肉脂肪燃焼させるためには脂肪のエネルギーを使わなければいけない状態にしなければいけません。
運動するとまず最初に血液に含まれているエネルギーを使用していて、それが不足することでやっと脂肪燃焼をしてくれます。ですのでちょっとした運動ではなかなか燃焼してくれなくて、ある程度の時間運動をしないと十分な脂肪燃焼になりません。

【ウォーキング】

もっとも多くの人々に愛され続けている、バランスの取れた有酸素運動です。
手軽さと軽めの強度が特徴です。
無酸素運動への移行の危険が少ないので年配の方にとっても安全です。
交通量の少ない場所と時間帯を選ぶ必要があります。

【ジョギング】

ウォーキングとともに人気のある有酸素運動です。
走るスピードによって有酸素運動にも無酸素運動にもなります。
足腰の強化と、スポーツの基礎体力養成にも向いています。
交通量の少ない場所と時間帯を選ぶ必要があります。

【水泳】

水中ならではの効果が期待できる有酸素運動です。
水の抵抗が運動負荷となり、効果的な運動ができます。
足腰に負担をかけない代わりに、上半身の発達に効果があります。
ただし、施設まで通う必要があります。

【踏み台昇降】

丈夫な台を用意し、その上に乗ったり降りたりという単純動作を繰り返します。左足を乗せたら次は右足を乗せ、また左足を下ろし、右足を降ろすというように「交互に」足踏みするように動かします。片足で台に昇るときや降りるときに足の筋肉にほどよい負荷がかかり、効果的な有酸素運動になります。
左足から乗った動きをしばらくしたら、今度は右足から乗るようにします。左右の足の筋肉をバランスよく使うためです。台を高くするほど、負荷が大きくなります。
自宅でできる有酸素運動としては、もっとも手軽な方法です。
台は動かないように壁につけるようにするなどして、固定すると安全です。壁に固定して、なおかつ強い角があれば、足の裏のツボを刺激できて気持ちのいいものです。
しかし、足を踏み外して転倒する危険があるので、年配の方や今まで運動してこなかった人、肥満体形の人には不向きといえます。
耐荷重のある丈夫な踏み台も用意する必要があります。
また、足を踏み外さないようにずっと足元を見ていなければならないので、テレビを見ながら運動するのには適していません。手軽さの代わりに根気を必要とする有酸素運動といえます。

【ステッパー】

その場でステップを踏むという単純動作を繰り返します。その場で普通に足踏みしても負荷抵抗が少なすぎるので、有酸素運動効果もさほど期待できず、すぐに飽きてしまいます。
しかしステッパーを使うと、油圧シリンダーの適度な抵抗が足の筋肉にほどよい負荷を与え、効果的な有酸素運動になります。

【エアロバイク】

イスに座りながら自転車のように漕ぐという単純動作を繰り返します。ペダルを踏み込んで回転させるときに空回りではなく、ある程度の負荷があることにより、おもに大腿四頭筋にほどよい負荷を与え、効果的な有酸素運動になります。
足の筋肉は全身の筋肉の約7割といわれ、この太ももを中心に鍛えることは基礎代謝を高めることにもなり、太りにくい体を作ることができます。

≪食事≫

食事法
朝食、昼食、夕食、おやつを食べる時にどのようなことを意識すればいいか、ダイエット中の食事のよい例、悪い例を専門家監修のもとに紹介します。悪い例はリカバリー方法も紹介していますので正しい方法でダイエットに取り組みましょう。

-最新情報

Copyright© 自分に合った楽々健康ダイエット法! , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.