ダイエット成功の条件は簡単安い楽しい継続!お気に入りのダイエット法を見つけて下さい!

自分に合った楽々健康ダイエット法!

ダイエット 最新情報 美肌

☆【ダイエット】一日の終わりに食べるといいもの【美肌】

投稿日:


ダイエットって大変だよね。。。

私にとって最大の化粧はダイエットだな
デブすぎる

@Miku_01_N やめろぉ....やめてくれぇ...無理なダイエットは禁物だお

痩せることは目的だけど、肌荒れや便秘の防止には健康的な食事と睡眠も大切。

なんと!寝る前に夕食の代わりに食べるといいダイエットの強い味方になる食品があった!

バナナ1本あたり(可食部100gあたり)のカロリーはたったの86kcal。ごはん1膳が約250kcalなので、ごはんに比べてもグッと低カロリーです。一方で食べごたえがあり、満足度大。ビタミンB6・C、カリウム、マグネシウム、ミネラルといった栄養素も豊富で、偏りがちな栄養バランスを補ってくれます。

バナナに含まれるアルギニンには成長ホルモンを活性化させる効果が期待されています。
成長ホルモンには老化防止や体脂肪を燃焼させる効果があるんです。
そして成長ホルモンが分泌されるのは寝ている間。
つまり、夜バナナを食べてから寝ると、美容や健康にとても効果的なんです。

ヨーグルトは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれる発酵食品です。これらの菌にはおなかの調子を整える働き(整腸作用)があります。善玉菌が増えて腸内環境が整うと、腸の蠕動運動が活発になり、便秘の解消につながるといわれています。便通がよくなると基礎代謝が上がるなど、ダイエットにつながるとされ、また、肌荒れの予防や改善など、美容効果も期待できると考えられています。

内臓の働きは、自律神経によってコントロールされています。多くの内臓は活動中や緊張しているときに優位になる交感神経が働くときに活発になりますが、胃腸などの消化器官はリラックスしているときに優位になる副交感神経が働くときに活発になります。
そのため、夕方から夜は胃腸の働きが活発な時間ともとらえられます。このような理由から、ヨーグルトは日中よりも夜や就寝の3時間前までに食べることで腸への吸収がよくなり、その効果を高められると考えられています。

寝る前に糖質の多いはちみつを口にすると太りそうですが、痩せる理由には、睡眠時に多く分泌される成長ホルモンが関係しています。
成長ホルモンは、自律神経の副交感神経が優位になっている夜や睡眠時間に多く分泌されます。
その働きは、骨・筋肉・皮膚の成長・強化、たんぱく質・脂質・糖質の代謝を促進します。
体脂肪を燃やしてカラダの修復作業が行われます
ハチミツは成長ホルモンの分泌を促し、脂肪の燃焼を助けます。

はちみつの成分は果糖やブドウ糖を含んだ糖分が約7.5~8割、水分が約2割前後、その他ミネラルやビタミンなど。果糖とブドウ糖は、体内へ吸収されるスピードが速いのが特徴。
砂糖より体脂肪として蓄積されることなく、エネルギーとして消費されやすいんですね。

納豆には、その名も〝ナットウキナーゼ〟という納豆特有の成分が含まれています。
このナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果があることから新陳代謝を高め、痩せやすい体を作ることができます。
また、納豆にはカルシウムが骨に取り込まれやすくなるビタミンKが含まれています。
近年、カルシウム不足が肥満を招くといった研究結果が話題になっていますが、カルシウムには脂肪の吸収を阻害する働きがあると言われています。
つまり、ビタミンKによって骨に十分なカルシウムが蓄えられることによって、太りにくい体を作ることができるというわけです。
さらに納豆には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが含まれています。
イソフラボンにはコレステロールを下げる効果があることから、体脂肪が減りダイエット効果が高まります。

納豆には、お肌に嬉しい豊富なビタミンが含まれています。
ビタミンB2で肌や粘膜を健康な状態に保ち、ビタミンB6で皮脂の過剰分泌を抑え、ビタミンEは老化防止に効果を発揮します。

適量を就寝1~3時間前に

○ハチミツ…大さじ1のハチミツを100ccのお湯に溶かして飲む
○ヨーグルト…無糖のもので100g前後を目安に食べる
○バナナ…1本を目安に食べる。ヨーグルトと組み合わせてもOK
○納豆…1パックを目安に食べる。1日の適量は1~2パック

もちろん運動も大切!

-ダイエット, 最新情報, 美肌

Copyright© 自分に合った楽々健康ダイエット法! , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.