ダイエット成功の条件は簡単安い楽しい継続!お気に入りのダイエット法を見つけて下さい!

自分に合った楽々健康ダイエット法!

最新情報

☆痩せたいならやっちゃダメ!あなたを太らせる10の習慣

投稿日:2017年2月27日 更新日:


太ってしまったのは、今までの自分の習慣

何をしても痩せない…それは生活習慣が原因かも。
当てはまるものがないかチェックしましょう。

1、甘いものが好き

おやつは、「ふかしたお芋や果物だ」という人はさておき、洋菓子やチョコレート、スナックのカロリーの高さは周知のことでしょう。気分転換も大切ですが、食べる量に気をつけなければ1食分のカロリーにも達することもあります。

1日に缶コーヒーを何本も飲む、炭酸ジュースが大好き、という方も要注意。思っている以上に砂糖が含まれています。

2、便秘がち

腸に老廃物が溜まっている状態なので、毒素が吸収されて体内や血液中に回ってしまい、代謝がダウン。
便の分だけ体重も増えますし、放置しすぎると体臭に影響が出てしまうことも!
便秘改善はダイエット中の必須課題です。

3、睡眠が不規則

睡眠不足だったり睡眠時間が不規則だったりすると、成長ホルモンがうまく分泌されないので、睡眠中のダイエットは望めません。

睡眠不足は食欲を刺激するホルモンを増加させ、満腹信号であるホルモンを減少させます。

4、ファーストフードや加工食品をよく食べる

ファストフードは飽和脂肪酸が高く、繊維質の低い食事です。この場合はカロリーや栄養が脂肪へと変わりやすいです。

加工食品は塩分や糖分が高いのでむくみやすく、腸内環境を悪くして最初に紹介した便秘を引き起こしてしまうこともあります。

5、夜食が多い

夜中に摂取したカロリーはどうしても消費されきらずに脂肪として溜まりやすくなります

6、運動不足

オフィスワークなどで、ほとんど1日中座りっぱなしという方も多いとは思いますが、ちょっとしたことでも身軽に動くことは、代謝機能を上げるのに大切です。

1日に3時間以上座ったままでいる人は、2時間以下しか座らない人と比べてメタボリック症候群になる率が、なんと74%も高いそうです。

7、早食い

よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて少ない量でもお腹いっぱいと感じられますが、早食いだとなかなかお腹が満たされないのでたくさんの量を食べてしまいます。

8、朝食を抜く

朝ご飯を食べないことで昼食を増やしてしまったりしませんか?
朝ごはんを抜くと、カラダが飢餓状態と勘違いし、その日に食べた昼食をすべて体の中に溜め込もうとします。

9、ながら食べ、ダラダラ食べをしてしまう

 

-最新情報

Copyright© 自分に合った楽々健康ダイエット法! , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.